ヘンテコかわいい好きなモノたち
by jul-pukki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ダークサイドからの帰還
この数日…
実は人生初のジャンルの悩みを抱え込んで、ずうっと思い悩んでいました

悩みがMAXになったのが
この数日…3月某日…。
でも根源は一年以上前。

とある人たちと関わるのがとてもツラく気が重い時間になっていたため、いつも笑顔でいたいプ☆にとっては、やっかいな悩みでした°・


その相手の態度を通じて、「自分の今後の気持ちの置き方やその場所にいる意義」がまるで見えなくなってしまったのです。

大好きだった場所が
「向いてない…いるべきではない…望まれていない…」

と、負の波動を背負いこむ場所になってしまい
その人たちに会う日の朝には胃がいたくなり、一日中作り笑いで取り繕っていました。


車で1人になると
「今日も乗り切った°・」と安堵のため息


そんな異常が一年以上続いたのです。



先日311に気持ちが浄化されて、ココロに余白が出来たからなのか
翌日3/12…ずぅ〜と硬結びだったそのコトに対する巨大な「緊張とわだかまりの結び目」がすぅ〜っとゆるんだような…会話をするチャンスがあたえられました。


偶然にも同じ環境で同じ相手に向き合っている人とゆっくり、じっくり話すコトが出来たのです。
(実はその日、その場所には全く行く用事がなかったのですが、充電が切れたため直接メールの返事をしにいったら意外にもたっぷりお話しの時間がとれたのでした)


その本人たちとの直接の解決ではないのですが…
少なくとも、まるで見えなくなっていた「今後その場所にいる意義や関わり方」はモヤが晴れてきた…という感じにはなりました。


まだまだ恐怖心は簡単に払拭は出来ないと思うけど、
どうやらまだ、「その場所」には求められているようです。。。

その代わり長年務めた大きなポストをはずしてもらうことにしました。

それでも必要としてくれるなら続けますと…

本当に肩の荷がおりました
そして、お疲れ様と自分に言ってあげたいです。


世間にはいろいろな人種がいるのだなと、思い知らされおおいに勉強になった一年でした。


そして、つくづく、作家活動をしているヨウル☆プッキの周りには、いかにいい人が集まっているのかを実感もしました☆


そして、対人で悩む人の気持ちが、これまでより、随分わかるようになったはずなので…そのことをよかれと思うことにします


暴走したり妄想もはげしく頑固でこだわりが多くて細かいこともうるさい
かと思えば、おおざっばに「あり」っとかいってみたり…
とにかく納得するまでしつこく聞くし
ギリギリなのにこだわるあまり仕事量増やすはめになったり、そのくせ思いつきも多くていつもハラハラさせっぱなしのプ☆だけど、いつも見守ったり付き合ってくれてちゃんとついてきてくれるみんなに、ほんとに感謝しなきゃっておもいます。

いや、感謝しています。
みなさん、いつもありがとうございます。

本当に、そうおもいます。





.
[PR]
by jul-pukki | 2013-03-16 23:58 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by at 2013-04-09 01:53 x
わかるひとが見たらわかるようなことを、公の場所でこういったふうに話されるのは、人間としては素直で正直で素晴らしいですが、社会人として、どうかと思います。
Commented by プ☆ at 2013-04-09 18:02 x
あ さん、ご指摘・ご助言ありがとうございます。今回の助言はありがたく咀嚼させていただきます。

プ☆は長年様々なところでお仕事させていただいているため、おそらくかなり確定は難しいかと思います。
推測されたところで、その職場を責めた内容でもありませんし、記事の確信は
「様々な人間がいると知るコトが出来た」の部分です。

あさんの指摘とはむしろ逆で人間としては未成熟のために起きたコトで、
「役割を果たさない人」を無視できず社会人として職務を全うさせたコトによる障壁です。

軽く流せない性格のため、誤解や不本意は弁明させていただきます。

さらに異論がありましたら
本名にて直接ご連絡くださいね。

それと…この記事は投稿した時点から何度となく削除も考えております。
でも、この記事を読んでどこかの団体や個人を誹謗中傷したりしているものとは感じないため(プ☆のちっぽけな脳では)、本当に納得いくまで、まだしばらくはこのまま残したいと思っています。

人間としても社会人としても発展途上の
ヨウル☆プッキより

<< tetote 投票実施中 向き合う >>


Twitter
Twitter / pukkisan
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧