ヘンテコかわいい好きなモノたち
by jul-pukki
2012年 04月 22日 ( 1 )
アスト長町の仮設集会所
久しぶりの『春待ち*手芸部』の活動や、支援物資に動きがありましたのでご報告いたします♪

昨年八月、東松島ネコ地区の仮設集会所にて、ヨモギさんと葉子さんとプ☆とで、初の手づくりの交流会をさせていただきました。
Amさんもかけつけてくださいましたね♪

そのことで、葉子さんともお会いするきっかけをいただいたわけです。
その後、ヨモギさんを主軸とするネコ地区の交流会は気長に待つというスタイルで合意。
生半可なパワーでは出来ない段取りであり相手にも失礼だとみんなが理解したし、ヨモギさん自体もご自身の家が傾いたままという状況で、大工さんも年末でもまだ入ってないとの話しだったので、あえて聞かずとも…というところでした

葉子さんはその頃から、自宅のそばに仮設が出来たコトもあり、探りながら独自で支援を続けたいとおっしゃってました。
ときおり連絡を取り合い日程を聞いて唯一予定のあいていた4/18を守りきり、遅ればせながら、ようやく仙台市内、アスト長町での交流会に参加させていただくコトになったのです。

まずは葉子さんのサポートをしつつ、
現場の空気に触れて、可能ならあれこれお話しの中で、必要なモノや出来るコトを感じ取ろうというスタンスで…


アスト長町にちかづくにつれ、新しい道路とはいえ、見慣れていた長町の街並みに並ぶ仮設住宅をみたら、正直ぎゅぅぅっと締め付けられる想いがありました

はじめて訪れた見知らぬネコ地区の時には無かった感覚です。あの時は、厳粛で…張りつめた感覚…

やはり見慣れたモノが変わり果てるというのは、実感が数倍違うのだなと思いました

まして、毎日見ていた景色や営みが失われるなんてことは、体験した本人にしか
とうていわかるわけがないことだと、
あらためてしみじみ考えふけってしまいました

本来は慣れ親しんだふるさとの土地、おうち、庭に豊かに暮らしていた多くの人たちが、一瞬で全てを失い、見知らぬ土地で箱のような建物を突然あてがわれてココに住んでいる…
居たくているんじゃないんだもんなぁ。。。ふぅ。。。

おちてる場合じゃないので、頑張って陰気さをふり払い、迷わず辿りつくコトに集中し、気持ちを奮い立たせました


プ☆は観れませんでしたが、以前コルテオか何かを開催した広大なエリア…太子堂駅の手前になります

一番駅に近いほうに仮設集会所があり、
そこで開催されました

会場はたくさんの方で賑わっていて
葉子さんの他に編み物の先生や福祉関連のお手伝いの方、仮設SPさんなどもいらっしゃいました


奥のほうではマッサージを受けているようでしたよ

名札を付けたあと、葉子さんが軽く紹介もしてくださり、終始和やかなムードで、みなさんそれぞれ教え合いっこをしている感じ♪

和やか過ぎて、何の集まりかも忘れてしまう瞬間さえあるほどでした

こんな素敵な集まりになるために
葉子さんの苦労があったに違いないし、
数ヶ月という時間が仲間のような気持ちを育んだのは間違いないことだと思います

「もしお持ちでしたら…」という、些細な言葉でも傷つけてしまう…
葉子さんも始めの頃は試行錯誤の涙もあったそうです


プ☆もゆきゑちゃんにお手紙セットを手渡しながら「住所録がないんだよ…プッキしゃん」って言われてハッとして、2人で脱力してしまったコトもありました

どんなに想像しても、その何倍も何十倍も
辛くて不便なおもいをしているってことなんですよね…沿岸部の方とお話ししてると
考えや想像の甘さを何度も痛感させられましたから


そういう時も経て、今では親戚?ってくらい打ち解けていて、信頼関係のあるようにさえ見えました

そんな葉子さんの紹介ということもあり、糸遊びの会に来てくれているおばあちゃん、おじいちゃん♪
奥様たちは、新参者のプ☆を優しく迎えいれてくださり、すぐに打ち解けることが出来ました。
みなさん笑顔か、真剣そのものか…
それぞれのペースで手作りを楽しんでいらっしゃいました。

達人な方もいらっしゃいましたよ°・

まずはヨカッたですぅ。。。(/ _ ; )


仮設SPの方にもあれこれお話しを伺いました

就労に繋がる様に紹介もしたいし、アイディアも拒まない感じでしたので、おりを見て葉子さんとも連携してそのエリアで葉子さんの負担なく進められるようになるとよいなっとおもいました。

葉子さんの糸遊びの会は、
第一・三水曜日に固定となりましたので、
プ☆もこれからも不定期ながら、チョイチョイと顔を出したいと思います♪


そして、ジャム屋・柚子香のたつこさんや
毛糸大好きチャカシさんにいただいたアクリル毛糸、ハンカチ、傘、春待ち*②の呼びかけで集まった手芸本のニット関連のモノ、春待ち*で買い取ったコズの格安毛糸
などをお持ちしたところ、
どれもとても喜んでいただきました*・°

ご支援ご協力ありがとうございます*・°

みなさん、おうちでも編みすすめるほどの夢中っぷり♪
秋のバザーを楽しみにしているようでした♪


休憩の時にお向かいになった方の持ち物が
可愛かったので質問すると、
避難所の頃に、手作りの作家さんが、使ってくださいと持って来てくださったのだそうです♪

ヘンチョコを見る偶然があるかなんて分からないし、宮城の方なのかさえ分かりませんが、とっても素敵な巾着バッグ♪
大切に使われているのを見たら、
嬉しい気持ちになりブログに紹介したくなりました

今も大切に使ってくださってます♪

b0178971_2352618.jpg


作業風景はあえて今回は撮りませんでした

長くなりましたが
そんな感じの第一回目のレポートです*・°
[PR]
by jul-pukki | 2012-04-22 00:17 | ものづくり | Comments(0)


Twitter
Twitter / pukkisan
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧