ヘンテコかわいい好きなモノたち
by jul-pukki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ヒミツ埜のこと③イベント編
久しぶりにヒミツ埜の記事がかけます*・°
大切なお知らせになります。

ヒミツ埜が生まれたキッカケなどは5つほど前の記事に2本アップしています😊よかったらぜひ♪

ヒミツ埜は手前の六畳がいわゆる「ヒミツ埜」
大好きな作家のみんなと企画販売会を開催したり、電鋸を3台も持ち込んでワークショップをしたり(●'艸`●)


窓を大開放できる間取りを最大限利用して外にも椅子やパラソルを並べたりととにかくイベント遊びを楽しむ空間にしました*・°


奥の四畳半とキッチンスペースとでだいたい7畳+大きな押入れのあるスペースは「ゴタゴタ荘」と呼んでいる巨大物置スペースです


b0178971_22570868.jpeg

ヒミツ埜では
「森がある。」「森のボタンやさん」
「たね・種・葉っぱ」「夏乙女。」「草食動物園」
「例えばアポロチョコのような迷い兎の物語り」

など

2年目にはヒミツ埜のお隣の部屋が空き部屋になったのを
イラストレーターのスガワラタカユキさん=スガティが借りて本格的な照明設備も整えたギャラリースワロウをオープン*・°

b0178971_23084243.jpeg

ギャラリースワロウオープン記念・2店舗コラボ企画
「 チーズ と 灯台展 」

他店舗とのトリプルコラボ企画
「乙女と魔女…」「…と黒猫展。」「ハロウィン絵画展」

ギャラリースワロウさんをカフェにする許可をとり
バルミュゼット+ヒミツ埜企画
「草食動物園 星空のおはなし」をヒミツ埜で
「星草カフェ」をギャラリースワロウで開催✨


ヒミツ埜から飛び出し大人気カフェ・バルミュゼットさんとのコンビ「バルミュゼット+ヒミツ埜」のチームで
審査の厳しかった泉マルシェにも数回参加させていただきました。


とにかくイベント毎に
素敵な作家様の作品群とご来場いただくみなさんの
たのしそうな笑顔と笑い声、それをお迎えするための舞台のようなヒミツ埜の空間づくり*・°

自画自賛しちゃうほどの楽しい時間を過ごしてきました。


ギャラリースワロウの大改造に合わせ(こちらはプロが入りました)、ヒミツ埜も押入れをブチ抜いてレジスペースにしたい!!と提案。 驚くmainさんをまたもや説得!

「かわいくするからぁ😭ブチ抜かせてぇ〜」

行動と言葉のギャップがすごい〜( *`ω´)ゞ°・

b0178971_23122813.jpeg
b0178971_23124109.jpeg
b0178971_02142067.jpeg

この半間の押入れ改造がキッカケで床下の猫がヒミツ埜に立てこもりゴタゴタ荘の押入れで赤ちゃんを産んで
何も知らずチョコルの搬入作業に来たmainさんの悲鳴が轟いた夜!!!!!そんな事件もありました。

b0178971_23133052.jpeg


そう、ヒミツ埜は実はプッキ③とmain③ 2匹のねずみ🐭🐹の棲家という設定以上に、その2匹の子ねずみを狙い猫が集まるという不思議な噂があり、、、「ヒミツ埜の七不思議」と言われているとかいないとか…(●'艸`●)


その証拠もあります

b0178971_21585088.jpeg

ヒミツ埜の入り口「犬走り」スペースに猫の足跡✨

ふふふ



そんなヒミツ埜とギャラリースワロウも震災を切り抜け
全国の宮城を心配する方々からの物資の仮置き場にしたい!いう声に当然のように賛同して協力・開放してくれたスガティ*・° おかげで山積みのダンボールの中身の仕分けもしやすく比較的無事だった作家さんたちと支援の拠点にもなり、チャリティの相談やイベントの開催まで思うままに行動と活動をすることが出来ました。


みんな手づくりを日々の糧にしていることもあり、
サポートし合いながらも、イベントをしないと他の人を支えることもできないし、探り探り日常とサポートと
泣くこと、笑うことの大切さを共有できる素敵な仲間たちと情報交換して支え合える場になれたことは、みんなへの感謝と繋がりは、ヒミツ埜とギャラリースワロウの誇りでもあるような気さえしています。


そのことで知り合い、広がった仲間もとっても多いからです*・° あの時支援に関わってくださった全て方々に心より感謝いたします。(し続けますよ〜♡)


そして、そんな震災後によろよろとみんなが日常と笑顔を少しでも取り戻そう!もう笑ってもいいよね?
そんな気持ちでささやかに始まった一つの企画があります。本当は震災の年に開催予定だったイベントです。

みんなで物資をかけ集め、必要なところに届けに!みんなで春を待とう!といつ間にか「春待ち支援隊」などと呼びながら踏ん張っていた1年前を忘れないようにと、
そこから名前をもらい「春待ち乙女埜*散歩道」というイベント名に✨

そう、〜昭和の日のお着物遊び〜 の始まりです。

b0178971_23165514.jpeg

毎年昭和の日に定例開催させていただき大人気企画となりました。
この時から、ヒミツ埜主催、会場ギャラリースワロウ
というスタイルになったような気がします。


そして「森がある。」でも撮影会でお世話になり、
〜昭和の日のお着物遊び〜 でもほぼ毎年カメラマンを楽しんでくださってるプロカメラマンのナッスが昨年の7月辺りにスガティから引き継ぎ、新しくギャラリースワロウのオーナーとなりました*・°

そして、ナッスがテレビ局関連のお仕事もしてるという流れから、仙臺いろはWebマガジン 「仙台アート散歩」
ギャラリースワロウ がオススメする仙台のアートな情報ページが立ち上がりました*・°


さてみなさん!!!!

ここからが本題です!!!!!

ええええて?????序章長っ??苦笑°・

こんな感じに言い尽くせない思い出と感謝が詰まった
ヒミツ埜 そしてギャラリースワロウ

(そして紹介してくれたギャラリーそのつもりさんも)

それらが入ったふじみ荘の取り壊しが決まり
まだ正式には言われていない曖昧な状態ですが、
「壊れるまでいてね」と言ってくれてた優しい大家さんからはこの物件は離れて突然管理会社が付きました。


ふじみ荘の取り壊しは夏〜年内らしくナッスが1月に聞いたそのすぐにTELをくれました。

ヒミツ埜は五月に出て行く契約です。と2月に突然宣告されました。唖然、呆然です。

いえ、あなたとは契約していません!っと
体じゅうを震わせ、ふぬけた声で、ふくれっ面で抗議をしましたが、それが精一杯でした。


とにかくヒミツ埜がなくなります😭

感謝の言葉は言い尽くせませんが、
blogで大好きなヒミツ埜でのみんなとの時間が最後になるということを最初にしっかり伝えたくて、どれだけ大切な場所だったか伝えたくて3回にも及ぶ長いお知らせとなってしまいました。


あの場所はなくなっても、ヒミツ埜で芽生えたあらゆる物やご縁が消えるわけではないので元気にがんばりたいと思います*・°


そしてこのページの最後に…


今年も昭和の日にはみんなで集まりましょう*・°
3日間に拡大しての開催にしてみました*・°

あの場所での最後の2つのギャラリーの晴れ姿をどうぞみなさん、味わいに遊びに来てみてくださいね*・°


b0178971_22555514.jpeg

気になっていた!という方も、どうぞお誘い合わせて
ご来場いただけたらうれしいです*・°









.

[PR]
by jul-pukki | 2017-04-04 21:15 | 『ヒミツ埜』のこと | Comments(0)
<< あらたな拠点 たんぽぽさん☺️✨ >>


Twitter
Twitter / pukkisan
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧